TOPページ御影湯 > 渡辺真也
 二十一回目ゲスト 渡辺真也 さん(SHINYA WATANABE)
名前 渡辺真也 さん
1970(昭和45)年8月10日生まれ。

代表番組
めちゃ2イケてるッ! はねるのトびら ナイナイライブ
くりいむナントカ 虎の門 〜などなど

ちょっとした趣味
趣味がないんですよね・・・
9月に子供が生まれ、父親になる予定です。
お笑い電波が届いていた北海道
高須 渡辺って、北海道出身でしょ。
北海道って、小さい頃お笑い番組とかちゃんとオンエアしてたの?
渡辺 地方だからやってないかと思われるかもしれませんけど、
意外とおもしろいといわれてた番組はやってたんですよ。
『ラブアタック』とか『突然ガバチョ』とか。
高須 へー、関西のいい番組をオンエアしてたんだ。
渡辺 おもしろいってウワサの番組をそのまま買い付けてたんでしょうね。
だから、毎週テレビを楽しみにしてたテレビっ子だったんですよ。
高須 どんな芸人さんが好きだったの?
渡辺 やっぱりザ・ドリフターズは大好きでしたね。
それから、やっぱりたけしさんかな。
高須 やっぱり、そのへんになるよなぁ…。
渡辺 で、高校卒業するくらいにちょうど深夜の『夢で逢えたら』が始まって。
高須 わー、深夜の頃のをやってたんだ。恵まれてるなぁ。
渡辺 ちょっと違う空気を感じたんですよね。「なんだ? この番組?」って。
高須 分かる。かっこよかったよね。サザンが出てきて、明らかにお金が
かかってる感じがして。今までのお笑いとは違うって、一瞬で分かるような。
渡辺 そうなんですよねー。「かっこいい」があったんですよね。
で、大学でこっちに来て…相変わらずテレビとかお笑いに向かう興味は
ぜんぜん衰えませんでした。放送作家講座に通ったりもしてたんですけど、
とにかくコネクションが全然なかったので、作品を書いて
どこかに送るしかなかったんですよね。
高須 大学の就職活動はどうしたの?
渡辺 えっ…それを訊くんですか?(笑)
あの…広告代理店とか一通り受けて、ばっちり落ちましたけど…。
高須 えっ!? なんで? なんで広告代理店!?(笑)
渡辺 いや、テレビの世界に興味があって、テレビといえば代理店かなぁって
素人だったら思うじゃないですか!
(笑) で、上から順番に受けて、上から順番に落ちて…。
いや、なんで代理店だったかっていうと、一応理由があって、
大学三年のときに「ラジオコピー大賞」みたいなのに応募したら、
これがうまい具合に入選したんですよ。
だから、いざとなったら「俺にはコピーがあるぜ」と思ってたんですよ!
高須 代理店といえばコピー、広告といえばコピーだ、と (笑)。
渡辺 若かったんです、青臭かったんです、僕…。
集団討論の試験で一言も喋れなくて、そのまま不合格でしたね。
口からでまかせでべらべら喋ったりなんて、ぜんぜん無理で。
結局コピーなんて、試験では何の役にも立たないままで、
あっけなく散ったわけです。
向いてなかったんですね。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved