TOPページ御影湯 > かわら長介
 十回目ゲスト かわら長介さん(CHOSUKE KAWARA)
名前 かわら長介 さん
1949年11月13日、岐阜県生まれ。
本名 : 長川原 繁 (ながかわはら しげる)
義務教育と、高校生活を出身地である、岐阜県益田郡萩原町で終え、18歳でサラリーマンとなる。 その二年半後、1970年、万国博で賑わう大阪を後にし、自宅にて大学を目指す浪人生となる。
翌年春、21歳。半年の浪人生活を経て、岐阜大学教育学部国語学科に合格。 大学では、「体操部」 「軽音楽部」 「落語研究会」 に席を置き、他方、「三里塚」「沖縄返還」「中教審問題」などの社会的課題に目をやりつつ、キャンパスライフを謳歌。
而して、5年後の1976年3月、大学在学のまま結婚、同時にお笑い作家を夢見て再び上阪。東大阪に仮住まいする。 来阪後、すぐに雑誌 『上方芸能 』の編集員となるとともに、大学時代の知人の世話により、人生幸朗師、青芝フック師の支援、薫胸を得て、多くの漫才師の台本を書くこととなる。現在までに書いた台本は、漫才500本、コント1000本を数える。
やがて、1980年日本中を席巻した漫才ブームが起こり、以降、テレビなどの構成の仕事が中心となり、今日に至り、お笑い作家生活30年目を迎える。(2005年現在)
やって良かった番組「突然ガバチョ」「夜はクネクネ「TV広辞苑」「4時ですよ〜だ」「ダウンタウンの…!?」「スピルバーガー「ごっつええ感じ」
松本人志へ伝えたいこと
かわら そろそろなぁ、松本人志に何かやらかして欲しいなぁ〜。
高須 長さん、こないだ松本に手紙書いてたでしょ?
かわら え、嘘、松本なんか言うてた?
高須 いやいや、内容は知らんのですけど、長さんから手紙が来た、
というのだけは聴いてて。
かわら そろそろやっとかんと、笑いの筋肉が衰えるぞっていうことを
書いて伝えてしまってんけどね。
高須 うわ、偉いっすね。長さん、それを松本に言ったんですか。
それはホントにそうなんですよ。
でも、俺もよー言わんかったんですよ。
笑いの筋肉って、駆使してなかったら絶対削げるじゃないですか。
僕ら放送作家でも、誰かのアイデアにパッと器用に乗っかって
もっとおもしろくするっていう「技術」だけなら、
それはなんぼでもできてしまったりするじゃないですか。
だけど、本当にゼロから新しいモノを創るっていうのだけは、
さぼってたら、それを取り戻すのにすごく時間かかるんですよ。
松本はもう、トーク上のそういう技術はあるんです。
天性のものとして、すごいものが備わってるんですよ。
今はほとんどの番組がそれを駆使する番組ばかり。
だから、長さんが少し警告をする意味も、俺は充分理解できますよ。
かわら 単純に見たいとも思うしね。心配だとかっていう、
おこがましい感じじゃなく。
高須 そして俺は、もうアートっぽいことはやらんで欲しいかな、と
思ってる方なんです。
くだらない感じの、単純に「おもしろいっ!」ていうのを
やって欲しいなぁ、て思う。
かわら どっちにしても「やってくれ!頼むわ〜」っていうんじゃなくてね、
ただ、このままでもいいかな、ていう感覚がもしあるんだとしたら
それは恐ろしいよ、という感じかな。 それは違うと思う。思いたい。
松本人志って存在に対するエゴもあるけど。
高須 シュールなのもいいんですけど、そのシュールを飛び越えていく
骨太な笑いが「ごっつ」時代にはあったじゃないですか。
そして、それをあいつはやってしまえる。できる。
だけど、それが今、あいつの中で少しずつ
価値観変わってきてるんじゃないだろうか…っていう不安…。
やわらかくなって、落ち着いてきて、精一杯の百五十キロの
ストレートは投げないぞ、みたいな。 そういうのを、感じてます。
確かにもう、ストレートなんて投げなくても、驚くほどの
球種を投げられるから、松本は。
だからすごいってのも、あるんでしょうけど。
かわら 高須もそんな、焦ってたんやなぁ。
高須 うーん、まぁ、僕らが焦ったところでどうなんだってのは
ありますけど。
だけど、それを直接松本に伝えた長さんは、やっぱりすごいですよ。
俺は、そのことが嬉しい。
だって、あいつを愛してるからこそ言いたいことですもん。
かわら 好きやからね。
高須 優秀な芸人であって欲しいと思うから、
こんな時代やし、もっと笑いを取って欲しいと思うから、
あいつしかいてないと思ってしまうから、言っちゃうんですよね。
かわら そう思ってもらえれば…いや、別 にそう思ってもらわんでも、
どう取られててもいいから、ただ芸人として、また何かやってほしい。
そればっかりやなぁ。
松本見て「頑張らんと!!」って思う、あの感じ…。
高須 あの感じ、ですよね。
かわら また、是非…ね。
高須 そうですね。
  御影湯 かわら長介の湯 おしまい
かわらさん、お忙しい中、たくさんのお話をありがとうございました!!
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved