TOPページ御影湯 > かわら長介
 十回目ゲスト かわら長介さん(CHOSUKE KAWARA)
名前 かわら長介 さん
1949年11月13日、岐阜県生まれ。
本名 : 長川原 繁 (ながかわはら しげる)
義務教育と、高校生活を出身地である、岐阜県益田郡萩原町で終え、18歳でサラリーマンとなる。 その二年半後、1970年、万国博で賑わう大阪を後にし、自宅にて大学を目指す浪人生となる。
翌年春、21歳。半年の浪人生活を経て、岐阜大学教育学部国語学科に合格。 大学では、「体操部」 「軽音楽部」 「落語研究会」 に席を置き、他方、「三里塚」「沖縄返還」「中教審問題」などの社会的課題に目をやりつつ、キャンパスライフを謳歌。
而して、5年後の1976年3月、大学在学のまま結婚、同時にお笑い作家を夢見て再び上阪。東大阪に仮住まいする。 来阪後、すぐに雑誌 『上方芸能 』の編集員となるとともに、大学時代の知人の世話により、人生幸朗師、青芝フック師の支援、薫胸を得て、多くの漫才師の台本を書くこととなる。現在までに書いた台本は、漫才500本、コント1000本を数える。
やがて、1980年日本中を席巻した漫才ブームが起こり、以降、テレビなどの構成の仕事が中心となり、今日に至り、お笑い作家生活30年目を迎える。(2005年現在)
やって良かった番組「突然ガバチョ」「夜はクネクネ「TV広辞苑」「4時ですよ〜だ」「ダウンタウンの…!?」「スピルバーガー「ごっつええ感じ」
企画脳を鍛え続ける。
高須 長さんのすごいところはな、田代、
今でもきっちり、番組の会議に「ネタ」を持ってきはんねん。
それってすんごいことやねんから。
かわら いやいやいやいや(笑)。
高須 ほんま、長さんぐらいのクラスになったらそんなこと
せんでもええねん、そんなん若い作家のやることやから。
ところが、長さんは下手したら若手よりもたくさんネタ持って
くるからね、それはホントにすごいんよ。
「なんでそんなことするんですか??」って訊いたら、
「これは、自分がまだイケてるかどうかを測るために必要なんや」って
言われて…例えば、リトマス試験紙みたいなもんやな。
作家としての客観的な「活き具合」を測るっていうか。
小さなネタを出して「おもしろいですねーっ」て言われたら、
まだ大丈夫。言われへんかったら、ずれてるんや、と理解できるっていう。
かわら いや、それでも気ぃ遣うんやで??
ネタがうけたとしても、果たしてそれが本当かどうかと思うもの。
「かわら長介だからっていう遠慮でうけてるだけなんじゃ…??」とか思うもん。
高須 いや、全然そこらの若手のネタよりおもしろいですもん。
僕が長さんと同い年になった時にそういうネタが書けるかって言われたら、
それはもう自信がないですもん。
書いておかなくちゃ、とは思いますけどね、やっぱり。
筋力トレーニングしとかなくちゃ、これは鈍るぞと。
かわら そう、企画考える脳みそがね。
高須 人が出した企画によりおもしろく色を付けるっていうのは、
もう技術じゃないですか。それはもう、できるじゃないですか。
かわら 脳のそういう引き出しは、もうたくさん作り付けたからね。
高須 ただ、新しい引き出しを作っていくっていうのは、恒常的に
やってないと、どんどん錆び付いていってしまうんですよね。
かわら そう、で、これだけやってても絶対錆び付いていってる部分は
否めないわけやから、必死で毎日やっていくしかない。
高須 僕もそういう焦りありますもん。絶対やっとかな、と思いますもん。
夜でも、夜中でも、番組の企画ってやっとかな、と思いますもん。
かわら 企画脳の筋トレ、やっとかなと思うよねー。
コツを忘れてしまったら、そしてずれてしまったら、もうおしまいやから。
高須 僕ね、自分の企画のたて方って追い込み型だと思ってたんですよ。
例えば、いきなり会議で「こんなん考えて欲しいんですけど」
と言われたら、「はい、わかりました」と今すぐポンッと考える方が
良いのが出てくるし、かっこいいかな、ともちょっと思ってたんですよね。
でも、最近は脳みその使い方が変わってきたみたいなんですよ。
以前長さんは、企画とかは夜、自分の家に帰って「さあ、考えるぞ」と、
きゅぅぅぅって密に考えるって言ってたでしょ??
最近、それが理解できてきたんですよ。
それの方が考えられるように なってきてるみたいなんですよ。
集中力が薄れてきたんですかねぇ。
かわら 結局、筋肉とか運動能力に例えると分かりやすいねんけど、若いときは
やっぱり瞬発力があるからさ、そこに任せても何とかなるやん。
何とかなってたやん、実際。
でも、年齢を重ねたり、経験積んでくると、じっくり筋肉ほぐさんと
うまく効率よく働かなくなってきたりすんのよ。
もう絶対、どこかしら使い切って無理してたりするってのもあるんやろけど。
企画脳って、ホントにそういう筋肉みたいなもんよ。
高須 40歳目前にして150キロの球を投げようとしてる、
巨人の工藤みたいなもんですかね。
筋肉をじっくりじっくりほぐして、ビックリするぐらい時間かけて
ほぐして、それで肉体改造してるんですって。
経験積むと、そうするしかないんですよね。
じゃないと、力出すときに壊れてしまうから。
かわら 最近は僕、「はいっ、ここから考えるの開始っ」と思ったら、
ぎゅっと考えられるようになってきたかな。
高須 進化してますね〜っ。
かわら 後は、経験によってディレクターとか番組との相性を把握して、
コツをバッ!!と掴める一瞬とかあるよね、番組によるけど。
高須 ああ、そういうのもありますね。
かわら でも、結局努力するしかないんよね、維持しようと思ったら。
高須 進化しようと思ったら、なおさらそこは怠れませんもんねー。
そこから更に、っていう、上乗せしかないんですよね、
きつくても つらくても。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved