TOPページ御影湯 > 三木聡
 八回目ゲスト 三木聡さん(SATOSHI MIKI)
名前 三木聡 さん
1961年8月9日 横浜市出身。

現在、笑う犬の生活、 TV’S・HIGH、 シネパラ、 北半球で一番くだらない番組…などの番組でコントを書く。
2000年まではシティボーイズライブ・作・演出。
短編映画 「まぬけの殻」脚本・監督。
刺激的な存在
高須 『生生生生ダウンタウン』で初めて三木さんと一緒に仕事した時、
初めて交わした会話がバイクの話で、 その頃はもう、
三木さんハーレーに乗ってたよね?
三木 うん、その頃はもう乗ってたね。
「バイク何乗ってるんですかー?」とか訊かれて…。
高須 「ハーレー」って言われて、「うわぁっ、すごいっすねー」
って何だか実のあるような無いような会話をした(笑)。
三木 適当な交流だったよねぇ(笑)。
高須 でも当時、俺は倉本さん(放送作家の倉本美津留氏)から
「三木は出来る作家だよ」と良く聴かされてたからね。
倉本さんは大竹さんのラジオを大阪でやってはったから、
ある程度三木さんの仕事っぷりを知ってたんやと思う。
三木 そして、あの「生生生生」の終了が近づいたぐらいで、
俺と高須くんは良く話するようになったんだよね。
「あれがおかしい」とか「ここが変だからこうしたい」とか。
高須 そうそう。そんなことを三木さんと深く喋りだしたのは、
もう終わりに近い頃やった。
三木 俺はね、それまであんまり同業者から刺激を受けることが
それほど無かったのよ。変な話なんだけど。
だけど、高須くんが放送作家としてダウンタウンと一緒に
東京へ出てきて、一緒に仕事をした時に、
松本人志が考える物事っていうのにももちろん刺激を受けたし、
それと同時に彼らと一緒におもしろいことを考えてきた
作家の人達っていうのにも、刺激を受けたよね。
高須 ああ、それは嬉しいなぁ。
でも、俺は俺で三木さんからはすごい刺激を受けたよ。
「そっか、そういう考え方があるのかぁ」って思いっぱなしの季節があったもん。
三木 くだらないドラマの設定とか、コントの話とか、 二人で良くやってたもんね。
高須 それがまた楽しかったのよなぁ、刺激も含めて。
俺は三木さんとは、うまいこと言われへんけども、
こう…「合う」って感じがするんよ。
好きなんよねー、この三木聡という人間がっ!
…いや、三木さんがどう思ってくれてるかは知らんけど(笑)。
三木 また、そういうことを言う〜。(笑)
ここで俺が「いや、合いませんよ」って言えっての?(笑)
高須 いやいやいやいや(笑)。
でも、好きなんよー、うん。
分かるかー、田代よ〜、 この俺の思いがっ。
----- うん、すっごく分かる気がしますよ〜。
  このあたりで料理が続々運ばれてきて、短い忘年会がようやく幕を開けた。
カキフライ、根菜類の卵とじ、鯖の塩焼きなどをつつきながら、
高須さんはビールを速いペースで空けていく。
三木さんは「いつもの」と言ってウーロン茶を飲み、
レタスの水餃子やら、砂肝のガーリック炒めを頬張っていた。
おいしい匂いが立ちこめた小さな部屋に、
二人の会話の熱は 途切れることが無くて、
見ているこっちがなんだか 妙に幸せになってしまう。
もったいないほどの時間が、それでもゆっくりと過ぎていく。 
 
高須 俺がダウンタウン絡みではなく、同業者である
作家の人から誘ってもらった仕事ってのは、
三木さんに声をかけてもらった番組が 一番最初やったんちゃうかなぁ。
あれは本当に嬉しかったなぁ。。。
結果的には俺が大阪と東京の往復でへろへろになってて、
とても新しい仕事を入れられませんって事で
お断りしてしまったけど、でもマジで嬉しかった。
三木 それから『真っ昼魔王』で一緒になって(笑)。
高須 でたっ!伝説の番組、真っ昼魔王(笑)。
俺らの担当曜日は「ダイナミック商会」という
物売る企画の曜日やったんやけど あの番組も、
すぐ終わってもーたなぁ。 最初はもっと違う企画やったもんね!?
三木 そうそう。
高須 今となってはもう遅いけど、俺と三木さんで、
ハンマープライスが始まる前に、
同じような企画をやろうとしてたこともあったもんね。
三木 あったあった。
「松田聖子の風呂の水を競売しよう」とか
「瀬古と鬼ごっこする権利」とか
「カズと缶蹴りする権利」とか 高須君言ってたもんね。
高須 そうそう!
三木 案を出して、決まりかけたのに、結局そういう
グッズを手に入れるだけの力が番組に足りなくて、
くじけちゃったっていう(笑)。
高須 三木さんは『はじめ人間ギャートルズ』に出てくる、
あの骨付き肉をまんま作って売りだそう、とか言ってて、
それもおもしろそうやってん。実際欲しいと俺は思うし、
買いに来るヤツも絶対居てると思ったし。
そしたらディレクターに「それは有り得ないでしょー」とか
一刀両断、却下されてもーた。
三木 でも、あり得たんだよね。
その後すぐに『ハンマープライス』始まったんだから。
高須 ほら、見てみぃ〜ってなもんやったで、マジで。
三木 ただ、うちの方が売り物自体はバカらしかったよ。
「新沼謙二のラケットが欲しい」とか言ってたもん(笑)。
高須 言うてた言うてた(笑)。
三木 それはそれで味わいはあったはずなんだけどなぁ(笑)。
あれさえ始められてたら、あの番組はもっと違うところへ
行けてたかもしれなかったよね。
高須 もったいなかったねぇ。

だけど、こんな企画をバカな感じで考えて、
ずーっと喋ってるのが楽しかったよね。
今みたいに責任無かったし、数字数字って必死にならんでも良かったし、
そりゃもちろんあの頃だって取らなくちゃいけなかったんだけど、
でもどっかで自由があったなぁって。
三木 今みたいに瞬間視聴率とか分刻みの視聴率なんて、
俺達作家は見なくて 良かったもんね。関係ない!!って顔してた。
高須 ただ、廊下ですれ違う人に「あれ、おもしろかったね〜」って
言ってもらえたら、それで良かった。
三木 この今の状態こそが「テレビの進化」って言われちゃえば、
それでしかないんだけどさ。
だから、俺らよりもう一つ若い世代の人達は、そのあたりの 戦略が上手だよね。
高須 ああ、それはそう思うなぁ。
三木 俺らは「俺がおもしろいと思う方が大事なんだ」って
どっかで思っちゃうんだよねー、どうも。
高須 いや、でもそれが基本にないと、楽しくないと思うよ。
前にもテリー伊藤さんが「革命起こす!」って思って
テレビ作ってたって話を都築くんとやった時に、
やっぱりそれは自分で満足できるかどうか、
納得できるかどうかってのにこだわったからこその
強い意志なんやろうなぁ、って思った。
そこを貫いて、敢えて馬鹿げたことを打ち出していくっていうか。。。
そういう意味でも、三木さんの考える事って言うのは
筋通ってておかしいと思うもん。
「ごっつ」でダウンタウンの歴史を、真面目な俳優使って
再現して振り返ろうとか言い出したのも、三木さんやったよね?
----- あっ、あれは三木さんの企画だったんですか!?
高須 そうやねん。
何で若い頃の浜田が石立鉄雄で、松本が江守徹…(笑)。
三木 あれはねー、裏が結構大変でねぇ。
あのキャスティングには小松(当時、ごっつディレクター)の尽力があったんだよー。
高須 みんな頑張ってたもんねー、あの頃は(笑)。
俺は、あれはすごくなんか…三木さんの考えることだなぁって
気がしたなぁ。ずらし具合といい、全部の空気感といい、シニカルさが。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved