TOPページ御影湯 > 都築浩
 七回目ゲスト 都築浩さん(HIROSHI TSUZUKI)
名前 都築浩 さん
1967年2月3日 大阪に生まれる。
早稲田大学理工学部除籍後、 20歳の時に『天才たけしの元気が出るテレビ!』で 放送作家デビュー。
現在の担当番組 『進ぬ!電波少年』『学校へ行こう!』 『ガチンコ!』『ASAYAN』 『ここがヘンだよ日本人』『つんくちゃん』 『ウリナリ!』『世界まる見え!テレビ特捜部』 『特命リサーチ200X!』『ガキバラ!』 『1億人の大質問!笑ってコラえて!』 『ヤミツキ』等。
高須さんとは『いきなり!黄金伝説。』で御一緒。
『つんくタウン』では鈴木おさむと共に構成 及びなぜか出演も担当。
現在、新潟が生んだ2人の巨人・田中角栄と ジャイアント馬場との知られざる関係を 1冊の本にまとめるべく、週の半分は新潟で取材に奔走。
テリーさんのすごいところ
高須 ロコモーションの話が続くけど、テリー伊藤さんが今みたいに
タレント化するなんて思ってた?
今まで自分たちの上にディレクターとしてどーんと居た人が、
突然タレントとして現場にやってくるって言うのは どんな気持ちやったん?
都築 いやぁ、それはもう良くも悪くも気持ち悪かったですよ、最初は。
違和感っていうか、何ていうか…。
僕はもう伊藤さんがタレントとして活躍される頃には、
ある程度ロコモーションから離れた場所にいましたから、
まだそれほどでもなかったですけど。
テレビ見て、「ああ、やっぱり、出来る人なんだなぁ」とは
思いましたよね。
高須 伊藤さんが最初の頃、お笑い番組の審査員で出てきたときに、
作り手の感覚でテレビに出てたから、周りに気を遣うってるし、
笑いを取ろうとしても、キャラが浸透してないから、
すごく見てる側が緊張してしまって、かみ合ってなかったなぁ。
ところが、やっぱり大きく印象が変わったのは
『ニュースステーション』でのコメンテーターをやった時。
都築 ああ、あれは大きかったですね、確かに。
あの番組で伊藤さんは市民権を得ましたね。
高須 あれで劇的にテリー伊藤っていうタレントのポジションが見えだした。
俺は当時、ニューステーションの金曜日の構成担当やっててん。
で、誰か新しい色を入れましょうって話になった時に、
コメンテーターとしての伊藤さんの名前があがって、
俺は正直「ええっ」と思ってしまってたのよ。
アナーキーな意見を言ってくれる人が欲しい、
だけどあからさまに賢いですよっ、という人物が隣に来たら、
同業種として久米さんに負けてしまう。
だから、ニュースとは縁の無さそうな、 違う畑の人をってことで、
伊藤さんに白羽の矢が立ったっていう。
そしたらそれは、俺の心配をよそにばっちりとハマったんよねー。
久米さんがすごく伊藤さんを気に入ってくれてね。
都築 テレビ見ててもその雰囲気は充分伝わってきてましたもんね。
高須 収録が終わってからディレクターに、 久米さんが
「おもしろいねぇ」って言ってたらしくて
そしたらもう、そこからはあれよあれよという間に
伊藤さんのレギュラー番組が増えていったんよなぁー。
あと、テリーさんが「キレる!」というキャラが
出来たとこも大きいだろうけどね
都築 結局、伊藤さんって、今も昔も同じなんですよ。
高須 へー。
都築 テレビ作ってた頃に言ってたことと、今テレビで言ってることと、
そんなに変わってないと思って、僕は見てるんです。
今、僕の中では「テリー伊藤を見直す月間」に入ってて。
今は新しい番組を作るって事になったら、とりあえずディレクターが
「二桁の視聴率を取る番組を作りましょう」とかって目標を
堂々と掲げるじゃないですか。そして、そのためにどうしよう、
どうするかってみんなが頭を捻るわけですよね。
でも伊藤さんは新番組始めるときに、必ず
「俺は革命を起こすぞ!」って言ってたんですよね。
高須 ああ…なるほどなぁ…。
都築 だから、新しい番組の形態が一応会議の末に固まったとしても、
それが果たして世間に革命を起こすものであるかどうかってことを、
ずっとずっと考えてつづけたんですよね、あの人は。
そういうことがね、今の時代になってから逆に新鮮だなぁって
僕は思い始めてるんです。そういうのって必要なんじゃないかって。
高須 でも、それが正しいと思う。いい事言うなぁ〜。
俺はこないだ、糸井重里さんと松本人志、それに作家の末永徹さんと
四人で会談をしたときにね、たまたまそんな感じの話になったのよ。
「結局大事なことって何だよ、なんなんだよ」って。
そしたら、結局「オリジナリティ」だろう、ていう話に落ち着いたんよね。
何かの模倣ではダメで、 それは一見真似するだけだから簡単そうなんだけど、
結局自分の成し遂げたい感覚に対してはすごく遠回りな発想であって、
何より、気持ちよくない…いざ結果が出せたとしても。
例えばテレビなら、視聴率が良かったってことで 安心はするんだろうけど、
でもそこに「オリジナリティ」が無い限り、 達成感は出てこないんだ、って。
たけど今、それが求められてないやんか、特に俺らの世代は。
都築 そうですねー…。
高須 新しい番組を作ります。
都築さん、お願いします、と言われました。
そして考え出そうとすると、小さな冒険的な企画は若い人に任せて、
さあさあ、先生はそれなりのまともなポイントを押さえたご意見を
お願いしますね、みたいになってるやん。
そのために呼ばれるって言うかさぁ。
都築 そうですね。会議でいきなり
「じゃ、F1層(20代の女性視聴者)の 数字を取りに行くために…」
とかって言われちゃうと、
それだけでもうできることを制限されてるじゃないですか。
もちろん、その人のその言い分もすごくよく分かるんですよ?
高須 うん、それはそれで必要なことだってことも分かってる。
でも、いきなり見る人達を限定して、とかってことになってきちゃうと、
それはもうただただ「広告戦略」っていうかさ、
「面白い番組じゃなくて、見させる番組」みたいなことでしかないような、
もうそれでしかないような、っていう気がしてね。
それが果たしてテレビというモノの作り方かい?ってのはあってねぇ。
都築 だから、今は伊藤さんみたいな人があんまりいないんだと思うんです。
いなくなっちゃった、ていうか。
絶対に必要だと思うんですよね。
確かに効率は悪いんだけど。
伊藤さんは『ねるとん紅鯨団』で大当たりした後に
『パープリン大学』っていう番組を大外ししたりとかって、
ありましたし、きっと「何やってんだー」とも思われたでしょう。
でも、それでしか出てこないっていうか、
そうだからこそ記憶に残るような新しいモノが
生まれたりするんじゃないかって、思ったりするんですけどね。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved