TOPページ御影湯 > 田中直人
 二十二回目ゲスト 田中直人 さん(NAOTO TANAKA)
名前 田中直人 さん
1964年10月1日生まれ。青森県出身。

「笑っていいとも」「天才たけしの元気が出るテレビ」「進め!電波少年」「ウッチャンナンチャンのウリナリ」などの日本を代表するバラエティ番組に参加。現在は「ぐるぐるナインティナイン」「エンタの神様」「ナイナイサイズ!」「ザ!世界仰天ニュース」「ザ!鉄腕DASH! !」「天才!志村どうぶつ園」「爆笑問題のススメ」などを手掛ける、バラエティ番組を代表する放送作家の一人。
40過ぎても これからも
PHOTO PHOTO PHOTO PHOTO
高須 田中くんは辞めようとか思う時期とかなかったの?
田中 辞めようとは思わなかったですね。
高須 それはやっていけそうと思ったから?
田中 楽しかったから、ですかね。 辛いと思ったことがなかったくらい。
高須 そうなんや。俺は始めの頃、結構辛かったあ。
全然ネタが採用されへんし。
田中 採用っていうことは考えなかったですね。
高須 そのメンバーで温泉にもよう行ってるって言ってたよね。
田中 行きますね。そのメンバーに限らず、温泉にはよく行きますけど。
高須 また、カッコええ台詞出てるやん(笑)!
田中 いや違う違う(笑)。
「まだまだ素人だし、学生だし」って自分の敷居を下げといて、
ウケなくても自分だけ密かに面白がるっていうのがあるじゃないですか。
だから、例えば3つネタを書いていったとしたら、
3つ目に自分だけ面白がるクダらないネタを入れたりとか。
それがウケたりすると「ああ、分かってもらえたな」って(笑)。
高須 俺は全然できひんわ。
自分で面白いって思っても、思った分だけウケてくれへんかったら
ものすごいショックやもん(笑)。
それでも田中くんは3つ目に書いていくねや。
田中 そんなことがずっと変わらないですね。
40歳過ぎてバカなことを書いても許される仕事って
放送作家くらいのもんで、他にはないですからね。
自分もそんな大人になれるんならストレスなくていいなあ
って思いながらやってきたんで、別に辞める気はなかったですよ。
高須 ほら〜。またカッコイイこと言うてる(笑)。
田中 でも実は大学の頃、体力に自信もあって警察官志望だったんですよ。
高須 そんな人間が放送作家やるっておかしいやん。
田中 そうなんですけどね、刑事になりたかったんですよ。
現場に行って証拠調べとかしたくてね。
高須 それで放送作家温泉でも何度も聴いたけど、
カラオケでいっつも『銭形平次』なんや! 
田中 それは関係ないですよ(笑)
高須 なんや(笑)
今日は何年越しの対談が実現して、いろんな話も聞けて
本当にありがとう。
どんな風に仕事してるのか、本当の性格とか知ることができたしね。
田中 まあ、こんな感じですよ(笑)。
でも本当に理論派じゃないですよ、僕。
高須 理論派やん(笑)!
おわり
 
取材・文/竹村真奈
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved