TOPページ御影湯 > 田中直人
 二十二回目ゲスト 田中直人 さん(NAOTO TANAKA)
名前 田中直人 さん
1964年10月1日生まれ。青森県出身。

「笑っていいとも」「天才たけしの元気が出るテレビ」「進め!電波少年」「ウッチャンナンチャンのウリナリ」などの日本を代表するバラエティ番組に参加。現在は「ぐるぐるナインティナイン」「エンタの神様」「ナイナイサイズ!」「ザ!世界仰天ニュース」「ザ!鉄腕DASH! !」「天才!志村どうぶつ園」「爆笑問題のススメ」などを手掛ける、バラエティ番組を代表する放送作家の一人。
自分の意思を伝える方法
PHOTO PHOTO PHOTO PHOTO
高須 ちょっと話が戻ってまうねんけど、
さっき企画は代案がなかったら戻さへんって言うてたやんか。
でもこの歳にもなってくると、やっぱり自分らが引っぱらなあかん
瞬間があるやんか。
昔はそんなん何とも思わへんかったけど、最近それがやりづらいのよね。
そういうとき、田中くんはどんな風にしてんの?
田中 演出陣が聞いてくることに対して答える感じにしますけどね、
基本的にはあまり言わないですね。
高須 なるほどね。基本演出陣がリードしていくっていう感じ?
田中 そうですね。
基本、意見があるときもまずディレクターに聞きますもん。
こうした方がいいんじゃない?とか。
でも、とくに引っぱることはしないですね。
だって、会議でこっちが喋ってて「し〜ん」となるの嫌じゃないですか。
高須 そやねん! めちゃめちゃ、嫌やねん。
田中 だから、誰かに何か喋らせないと。
高須 それを演出に任せてんねんや(笑)。
それで、空いたところをどんどん埋めていってんねんな。
田中 そんな感じですね。
高須さんはそういった部分、頼られてるキャラなんじゃないですか?
高須 どうなのかね。 演出でも喋る人はええのよ。
でも、そうじゃない人もいてるやんか。
「これどうしましょう?」ってすぐ聞いてくる人もいてるやん。
そんなときは自分が決めて喋らなアカンし、しんどいなあと思って。
30歳前半の頃みたいに好き勝手言うてる方がラクやったなあって(笑)、
最近とくに思うのよね。
田中 そう考えると、僕はまだ勝手なこと言ってるかもしれない(笑)。
高須 うわ、ごっつええやん! ええところにおるやん、もう〜。
田中くんは編集所にも行ったりするもんね。
それはここぞっていうときにだけ、行ってるの?
田中 そうですね。連絡が来たときとか。
あんまり行くと向こうが嫌がるのかもしれないですしね。
ディレクターがもう僕よりもみんな年下だから。
高須 でも、(編集所に)行ったら意見言っちゃわない?
田中 言っちゃいますね。でも、その場で言わずに書いて渡しますね。
こう思ったけど、どう?って。あとは任すからって。
高須 うわ、えらいな。大人だなあ。
田中 いやいや、それは自信がないからでしょうね。
高須 いや、そんなことないわ。大人やわ。
俺やったら、「なんで、この画撮ってないの?」とか愚痴ってまうもん。
田中 それは言わないようにしてますね。
その代わり、出来上がったものに関して、それが何とかなるなら
こうした方がいいっていうのは伝えますけどね。
だから、なかなか細かいところまで伝わらないときもありますよ。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved