TOPページ御影湯 > 小山薫堂
 十二回目ゲスト 小山薫堂さん(KUNDO KOYAMA)
名前 小山薫堂 さん
1964年熊本県生まれ。
日本大学芸術学部在学中より放送作家として活躍。
「カノッサの屈辱」「進め!電波少年」などで注目を浴び、1993年には第10回テレビジョンATP賞特別 賞受賞。
以後「料理の鉄人」ほか、深夜を中心に個性的な番組を数多く手掛ける。
2003年には「トリセツ」(テレビ朝日)が国際エミー賞を受賞。
現在のレギュラー番組は「東京ワンダーホテル」、(日本テレビ)「世界遺産」(TBS)、「ニューデザインパラダイス」(フジテレビ)、「トリセツ2」(テレビ朝日)。
一方、雑誌「BRIO」「dancyu」「東京カレンダー」「NAVI」や小説などの連載も抱え、J-wave、FM横浜では、ラジオ番組を企画・プロデュース、自らパーソナリティーも務める。
オフィシャルHP http://www.n35.co.jp/
高須 そんなこんなで『11PM』をやってるうちに、
伝説の『カノッサの屈辱』のタイミングが やってくるわけ?
小山 そうですね。
テレワークの方を紹介していただいて、
「こんな時間帯で番組やるんだけど、 どうだろう?」ってことで。
高須 ディレクターの田中経一さんと知り合ったのも
そこからやんね?
小山 そうです、そうです。
高須 俺、田中さんには会ったことなくて、
もちろん仕事も一緒にやったことないねんけど、
『カノッサ』やってたディレクターの杉本達にも
「彼は出来る!」って言わせるぐらいやから
ほんと優秀なんやろねぇ。
小山 うん、仕事がしやすいとか、
そういうんだけじゃなく…こう、やっぱりすごく
有能だなぁって思える人ですね。
高須 俺は『カノッサ』見た時に、
「変な番組やなぁ。誰が作ってんねやろ?」と
すごく気になってた。
だってマーケティングを番組にしようなんて発想、
当時の僕にはぜんぜん無かったもん。
テロップを見たら、そこには
「田中経一…小山薫堂…へぇ〜」って思ったりしてたよ。
そうしたら案の定、ぐんぐん評判が上がって、
いつの間にか、ものすごく話題になってた。
当時の深夜番組で、僕が気になってたのは三木さんの
「世界一くだらないテレビ」と薫ちゃんの「カノッサの屈辱」だけ。
テイストはぜんぜん違うんだけど、二つとも作り手の
遊んでる姿が画面から見えてくんねんもん。
悔しいやら羨ましいやら…。
 
高須 結果、その『カノッサ』が引き金になった形で、
次の流れの『電波少年』の土屋さんに会った、て感じなの?
小山 いや、土屋さんにお会いした直接のきっかけは、
『とんねるずの生ダラ』。
高須 えっ、『生ダラ』やってたんだ!
小山 やってました、やってました。(笑)
ちょうど土屋さんはその頃、『生ダラ』では
アシスタントプロデューサーで、
「新しい番組が始まるんだ。
 俺、プロデューサーやるんだけど、どう?」
って言って話が来て、それからですよ、『電波』。
高須 『電話少年』って、どういうコンセプトからできたの?
小山 企画のベースになったのは、土屋さんの書いた
「やったろうじゃん」というタイトルの企画書だったんです。
テレビのカメラがどこまで行けるのか?
例えば、ここから先は撮っちゃダメ!と言われたとき、
じゃぁ、どこまでならいいの?
その限界に迫ろう!というコンセプトだったと思う。
高須 『電波』やってた頃って何本ぐらい番組やってた?
小山 …五本から七本ぐらいの間を、ずっと維持してました。
高須 あぁ、ちょうどいいぐらいやね、それぐらいの数って。
小山 ええ。 だって、そうじゃないと変になるでしょう?(笑)
あれ、高須さんって、今何本ぐらいやってるんですか?
高須 えーとぉ…俺は今、無茶苦茶なことになってて(苦笑)。
小山 何本ですか?何本ですか?(笑)
だって、二十本ぐらいやってるでしょ?
高須 うん、これは良くないねん、ほんと良くないよ。
だって絶対おかしいもん、こんなの!(笑)
小山 その二十本って、一体どういう仕組みで成り立ってるんですか?
高須 立ち上げの番組コンセプトの段階を
もうシステムとしてしっかりさせておいて、
それが続いてる番組っていうのが、いくつかあるのよ。
例えば『いろもん』とか。
「いろもんだけをゲストに呼ぶ」っていう、
単純な筋を最初に一本ずばっ、と通して、
そのシンプルさで毎週見続けられる番組にした。
そんな、毎週毎週新しい企画を投げなくても済む、
スタンスのしっかりしたトーク番組とかも、
結構数に入ってるから…。
小山 じゃ、『いろもん』とか『ジャンクSPORTS』とかは
そんなに大変じゃないように、
システム段階で考えて今がある、ってことですか。
高須 そうそう。
小山 じゃあ、いっちばん大変な番組って、どれですか?
高須 一番大変??
小山 あ、なんか俺がインタビューしちゃって
どーすんだ、みたいになってきた(笑)。
高須 …一番大変なのは、やっぱり『ガキの使い』かなぁ。
小山 うんうん。
高須 だってもう13年目だもん。
小山 そんなに?
高須 長いっしょ。
これだけやってるとぶっちゃけた話、もう企画が
一回りしちゃったって感じになっちゃう。
でもお笑い番組なんで、常にバカな企画を
提供せなアカンやろ、やっぱりそういう意味でも
『ガキ』が一番大変かなぁ〜。
小山 なるほど。
高須 特に、あれは二人だけの番組やからね、一応は。
ココリコも山崎も居るけど、
だけど最終的にはダウンタウンだけの番組。
誰も他に要素がないっていうのは、
密度が濃いから、ホントに大変なんよ。
あー、でも、うーん、『めちゃイケ』もすごく大変かなぁ…。
小山 あれも毎週毎週、全然違うことやってますもんね。
高須 うん。
だけど、レギュラーの人数がチームになってる分、
少しは幅がある、かもしれない。
『ガキ』はダウンタウンの二人がどうしたってメインで
ホントに逃げ場無いからさ。
だけど………人数が居る分、大変っていうのも
あるかもしれん…うーん(悩みまくる)。
小山 どっちも台本って書いてるんですか?
高須 もうあまり書かないね。
でも、肝に成る企画は若手が書いた台本を
チェックしながら、いつの間にか
全部書き直してたってことは、『ガキ』なんかはあるかな?
『めちゃイケ』は飛鳥(総監督の片岡飛鳥)に
「高須さんにはもっと、違う立ち位置で この番組を見ててほしい」
って言われてから ほとんど書いてないかな。
他の番組は毎週じゃなくて、
持ち回りで回ってきたら書くって感じかなぁ。
それは全体台本だから、そんなに毎週違うことを、って感じではない。
だから「大変だぁぁっ」って 頭ぐしゃぐしゃするほど、
台本書きで苦しむことは最近無くなったねぇ。
いや、作家としては七本ぐらいがいいよ。
それぐらいがちょうどいいと思う。 う
ん、もう、ほんまにそう思う。
小山 (笑)
高須 しかも、今までの薫ちゃんはその五本とか、 七本っていう
ちょうど良いペースを守りながら、 しっかりと
「自分の番組」とか、 「小山薫堂が作ってる」って言われる番組を
生み出せてきてるから、俺はすごくいいなぁと思うのよ。
だって、『電波』が始まった後には、
あの『料理の鉄人』が来るやんか。
『鉄人』も田中経一さんと組んだんでしょう?
小山 そうですね。
高須 あれはどういういきさつで、あんな番組になったの?
小山 まず「料理番組をやってほしい」っていう
オファーが来てて、それから考えたことなんです。
だけど、誰も料理番組なんてやったことのない
スタッフで集まっちゃってるもんだから、
誰にも何にもやり方が分からない。
手探りで会議を繰り返していたら、
山田(りょうめい)さんが
「対決にしたらどうだろう?」みたいなことを
言い出したんですね、ふっと。
そうしたらそれでイメージの湧いた田中経一が
「こういうのどうだろう」って
キッチンスタジアムの見取り図を書き出したんです。
さらさらっと、紙の上にフリーハンドで。
「やるんだったら、世界で一番大きなキッチンを つくりたい!」
って言って。
高須 原型ができてきたわけだ。
小山 でも、いざ視聴者として見てみよう、となると
その空間に「主人公」が居なければ、
感情移入して見ていられないよね、ってことになった。
誰か「強い人」が必要なんじゃないか、 ということになってきて…。
だとしたら、この強い主人公を何て呼ぼう?って ことになったんです。
そこで俺が頭に浮かんだのが、当時俺の家の隣に住んでた
ハウフルスの新国さんって人で。
彼はその後、事故で亡くなってしまいましたけど、
とても仲が良くて、そしてすごいグルメな人だったんです。
で、新国さんのところへ行って、
「こういうことを考えてるんですけど、
 なんか良い、主人公の呼び名って無いですかね?」って 尋ねたら、
「僕の知り合いに、
 "かまどの鉄人"って呼ばれてる シェフが居るんだよね」って。
瞬間でうわぁ、それはいい!って話になりました。
シェフを「鉄人」って呼ぶのはすごく愛着も湧くし、
実際に言われてる人も居るわけですから、
なんか説得力もあるな、って。
だから最初、あの番組はそのまま
『かまどの鉄人』ってタイトルに なるはずだったんですよ。
高須 ん?なんで「かまど」ってダメだったの?
小山 漢字で書いたら「かまど」って、
すげー難しくて読めない、って話になっちゃった(笑)。
(かまど→竃)
それで『料理の鉄人』って単純なタイトルになったんです。
高須 へぇ〜。
あの斬新なネーミングの裏には、 そんなストーリーがあったんやぁ。
…「竃の鉄人」のまんまやったなら、
そないヒットしてなかったんかねぇ(笑)。
小山 かもしれませんね。(笑)
 
高須 だけど、あの『鉄人』の
料理をプロレス・格闘技として見せる、というのは
新鮮でおもしろかったなぁ。
小山 格闘技で、スポーツって感じですかね。
高須 その視点はすごいなぁと思ったな。
自分の頭の中には、番組を「料理」だけで見せきる、って
そういう自信が無かったんよね。
つまんないこと、って決めつけてたところがあってさ。
それを覆されて、やられた〜って感じしたよ。
小山 あれは田中経一のセンスとか、撮り方の勝利だった。
高須 今、『料理の鉄人』はアメリカに進出したじゃない。
あっちに関しては、どう関わってるの?
小山 いや、あれはもう結構、アメリカ側主導で話が進んでるんですよ。
だから、制作そのものにはそんなにタッチしてないです。
高須 そうなんやぁ。
それにしたって、アメリカにまで行けちゃった
「鉄人」といい、「カノッサ」といい、
ちゃーんと自分の色の番組をどーんってやれてるのは、
ほんまに羨ましいよ。
自分の動き、そういう風にしようと思って、
意識して、してるの?
小山 うーん…どうなんでしょう(苦笑)。
うまくそうなってくれてるって感じですか。
高須 ほんまにうまいこと回してるもんなぁ。
いや、回ってるんじゃなく、 ちゃんと回せてるんやと、俺は思うよ。
明らかに!いろんな放送作家の憧れになってるもん。
俺なんか、全然羨ましがられてないもん。
小山 そんなことないでしょう〜。
番組たくさんやりたくたってやれない作家さんなんて、
きっとたくさん居ますよ。
高須 そういうんじゃなく、なぁ〜っ!
小山 なぁ〜っ、て言われてもっ(笑)。
 
高須 薫ちゃんの番組作りのポリシーって、 なんかあるの?
基準っていうのかな。
小山 番組だけじゃなく、
全てに於いてそうなのかもしれませんけど、
やっぱり基準は、「それは、女を口説けるか?」って
ことじゃないですかね。
高須 やっぱしそれかぁぁぁぁっ!!
小山 いやいや(笑)。
だって、結局そうでしょう。
男ですから、それしかないっていうか…。
高須 そうなんよなぁ〜っ。
薫ちゃんのデートの話とか、車の話とか、
レストランの話とか、軽井沢の話とか、
なんにしたって、その「女を口説けるか」に
最後は基準があったりすんねんなぁ。
それで、車に常に天体望遠鏡とか積んじゃってんねやろ?
小山 いったいどこの誰から、そんな情報入れてるんですか!?(笑)
高須 いやいやいやいや、いろんなところで聞いちゃってるのよ〜。
載せてるんでしょう、望遠鏡。(にやり)
いつだって星を見に行ける状態にしてるんでしょ?
小山 単純に好きなんですよ、星は。
思いたったときにいつでも車飛ばして、 見にいけるように。
高須 それがもう、既にっ。
それがもう既に「もてる」やん!
ああ、くそー、そういうの俺、 全然あかんねんなあっ(笑)。
 
高須 ところで、ラジオのパーソナリティーも
やり始めてから長いよね?
(http://www.j-wave.co.jp/original/6pm/)
小山 そうですね。
やってる仕事の中では、今、一番楽しいかもしれませんね。
高須 それは喋るだけじゃなくて、 構成も自分でやったりしてるの?
小山 大体、なんとなくってぐらいですけど。
高須 じゃあ、結構労力使ってるんじゃないの?
小山 そうですねぇ。喋るのにも体力要りますし…。
高須 情報を入れておかないとダメやんか、喋りって。
ラジオだと言葉だけだから、特に。
それは薫ちゃん得意なところやから、 全然苦にならないのかな?
小山 うん、情報収集みたいなところは
毎週確かに大変だけど、苦痛に思ったりはしませんよ。
高須 俺もまたラジオやりたいなぁ。
やったらやったで大変なんだけど。
小山 いいですよね、そういうのが一つ持っていられると。
やってくださいよ。
高須 うん、きっとやるよ。
 
高須 他に作家以外の部分の仕事では、雑誌連載、か。
どんなんやってんの?
小山 最初に話に出た『BRIO』、 あと『DANCYU』。
(http://www.president.co.jp/dan/index.html)
それから『ポパイ』と
(http://popeye.magazine.co.jp/)
『放送文化』。
(http://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=0130&webCode=14911092005)
高須 たくさんやってるねー。
小山 取材は自分で行って、
若手のライターの人にそれを書き起こしてもらって、
っていうのもありますよ。
「ポパイ」はもう、若手のライターに 構成を任せてたりします。
だけど、基本的には自分で書くようにしてます。
高須 れからー、やってるテレビの中で、特に大変なのは?
小山 テレビの方で大変なのは…えーと…。。。
あ、単純に『世界遺産』。
バラエティじゃないから(笑)。
高須 あぁ……またええ番組やってる、なぁ…(苦笑)。
  【小山さんからの素敵な追伸】
電波少年についての詳細は、土屋さんが近日出版される著書
『電波少年 最終回』にすごく詳しく書いてありますよ、とのこと。
むむ、これは読まねば。。。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved