TOPページ御影湯 > 海老克哉
 十一回目ゲスト 海老克哉さん(KATSUYA EBI)
名前 海老克哉 さん
1965年 東京生まれ
プロレスラーへの夢破れて放送作家に
主な担当番組は 「進ぬ!電波少年」「雷波少年」「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」 「どっちの料理ショー」「ピカイチ」 「モー。たいへんでした」「あいのり」 「サタ☆スマ」「メントレG」 「タモリ倶楽部」 「出没!アド街ック天国」等
年上の妻と娘と、ラブラドールリトリバー(オス) との4人暮らし
趣味 :カジノ、麻雀、雑誌乱読、スニーカー収集
海老 タレントが嫌いというか…企画をたてる立場として、
タレントがこうだからこの企画はこう変えてもらえますか、
みたいなことが腹たってしまう。
それだったら、タレントではなく素人でもいいじゃないかと。
『電波』の方針は、そこですからね。
企画、一生懸命おもしろいの考えてるんだから、
きちんと形にしてくれよ、というのが自己主張としてあるし、
そこにこだわりがある演出家とやってる方が、
俺自身、楽だったりもしますしね。
高須 確かにそれはあるねぇ。
こっちが寝ずに面白いもの考えてるんだから、その通 りにして!みたいな。
でも俺は、やっぱりタレントってものの魅力も感じてしまう方やな。
このタレントで、あんな企画をやってみたい!とかって思ってしまう。
スマップだったらこんなことができるなぁ、とか、
久米宏だったら、こんなことできるなぁ、とか
ダウンタウンだったらあんなことができるぞ、とか思って
タレントのイメージから企画が浮かぶことがあるし、
それを創る快感っていうのも、俺は好きなんよ。
海老 そういうの、あんまり無いですねぇ、俺は。
高須 そういう意味では『電波』での松本人志企画は、土屋さんとか
番組そのものの方針として、かなり異色やったんと違う?
海老 結局、それはもう、それだけのタレントさんだっていう
才能を見込んでるからだと思いますよ。
企画ってものに、自分の才能でもって色を塗れる人っていうのかな。
そういうタレントは、結局そうはいないじゃないですか。
思っていても、やれる人が少ないというか…。
高須 そういう中でも、松本人志は「やれるし、やれてる」っていう…
ひとつの企画をもっとおもしろくしていけるチカラがある、と。
海老 その期待感と安心感があったから、始まった企画だと思いますよ。
 
高須 海老ちゃんは何歳やっけ?
海老 四月で、35才になります。
高須 働くのって好き?
海老 大嫌い。
高須 そうやねん…働くのが嫌いなヤツほど
十何本もレギュラーやってしまうんよね〜。
それって、どっか真面目やんか?(笑)
無駄に働くのが嫌いやからこそ、真面目っていうか。
海老 で、引き受けちゃったら「やらなくちゃ」って生真面 目に
思っちゃうもんだからさぁ、ポジショニングがどんどん
作家っていう場所から外れてってんじゃないか、とも思うようになって。
高須 なるほどなぁ、確かにあるよねぇ。
最近、会議で演出的な意見言ってない?
海老 確かに半分プロデューサーみたいだったり、半分演出家だったり、
…それで結局ますます尻拭いの比率が高くなっていくでしょう?
高須 だって会議で、みんな海老ちゃんの一言を待ってたりしない?
海老 そうなんですよ。
高須 なんかそんな立場になっちゃうよね。
海老 番組のオフライン編集(撮ったVTRを編集する、ディレクターの作業)に
立ち会って、あーだこーだテイストに口出してってやってたら、
俺は一体何なんだ、てことになってくる。
更にそんな風に自由にやれちゃったっていう要素でもって、
番組が当たったりした日には、ますますワケ分かんなくなるもの。
俺はもっと、会議でバカなことを言ってたかったんだよね。
くだらないこと言って、きっかけだけ放り込んで、お疲れ〜って(笑)。
高須 そうそう!放送作家って、ある種そういう仕事のはずやもんなぁ。
そういう仕事でなかったとしても、俺はそんな感じでいたかった、
みたいなことやんか。
でも、仕事重ねて、立場が上になっていって「チーフ作家」みたいに
なってくると、どんどんポジションの重要性が変質してきてもーて、
真面目にならざるを得ぇへんよね。
海老 いつのまにか(番組を)「外さない」ってことが、海老克哉の仕事に
なっちゃってるんだもん。(笑)
高須 やっぱりそこの視点からモノを作り始めちゃってるよねぇ?
海老 そう。
高須 それってしんどいやんなぁ?
海老 …でも、自分の意識もどこかで変わってきちゃってて、
例えば「この深夜番組立て直してもらえませんか?」って
声をかけてもらっても、自分が関わって、その深夜の視聴率が
2%から4%に上がったところで素直に喜べない自分がいる
っていうか。。。 それだったらやっぱりゴールデンで20%取りたい、って
思っちゃう自分があるんですよね。。。
くだらないことをテレビでやりたくて放送作家になったはずなのに
…・・何て言うんだろう…テレビコーディネーターに
なっちゃってる自分がいるんですよね。
高須 ああ〜、分かるなぁ。
でも、それはもう「ならされてる」んやって!
自分の意志なんか無視して、染められてるんやと思うよ。
そこしか求められないようになってしまってってるやんか、特に
ここの「御影湯」の対談に出てくれてる人達は、ほとんどが
イニシアチブ取ることを求められてしまってる。
テレビの最初の部分を創るのは、演出家でもなく、ディレクターでもなく、
作家だと思ってる現場、今すごく多いもの。
海老 うーん、そうですねぇ。
高須 いや、そうじゃない現場もあるよ。
土屋さんは、俺は優秀な演出家でありながら、作家の部分も
持ち合わせてる人やと思てるからね。そういう風に主導権をガッと
示してくれて
「俺はこういうテレビをつくりたいんだ、だから知恵を貸してくれ!」
みたいな スタンスでのテレビづくりが、本来「放送作家」という考え方と職業を
生みだしたはずやねん、きっと。
でも、今やみんな待ってしまってるもん、作家の言葉を(笑)。
さ、何か教えてくれるんでしょ、みたいな会議や現場、多すぎるし。
これって自分が作家やから、被害妄想で思ってんのかなぁ。。。
 
高須 自分が今、ドラマの脚本やってみて思ってるのは、
結局コーディネートしながら台本書いてしまう、てこと。
本来「脚本家」っていうものならば、「こういうものを撮って!」と
思いっきり主張できる立場やんか。絶対的なイメージを押しつけて、
そういうカラーで行ってください!ということを示す立場やから
「先生」って呼ばれたりするわけやん。
でも、バラエティで染みついた感覚が俺にはあってね、
この局の色、この監督の色、この出演者の色、いろんな人の
いろんな要素を考えて、それだったらこれぐらいのテイストが
合うだろう、という合わせ方を知って、それでもって脚本を書いてしまうのよ。
海老 それができちゃうからね、また。
高須 そう、バラエティの器用さを身につけてしまう。
海老 結果的に「客」に合わせるドラマが出来上がるから、
決定的に数字を外すっていうことが無い。
高須 安全なんよね、テレビ番組として。
ただし、それが果たして「ドラマ」としていいのかどうか、と
いうのは別の判断やし。
海老 そういう意味では、放送作家は既に【去勢】されちゃってる。
「やりたいこと」なんてどこかへ行ってしまって、
ただ「やらなくちゃならないこと」をやるしかなくなってしまって…。
高須 でも、俺は変えようと思って。変わりたいと思ってんのよ。
それだけじゃ、あまりに淋しいと思うし。
本来、いいかげんな立場の作家から作り出さなきゃ、やっぱり始まらない。
テリー伊藤さんが言ってたように、「これで革命が起きるのか!?」
という、ちょっとかっこいいことを目指したくて、最近。
海老 でも、数字取っていかなくちゃダメじゃない。
高須 それはそう。もちろん。
海老ちゃんは、それができるやんか。
どうやったら、どういう数字が大体出てくるのか、分かった上で
全ての要素を組み合わせることができるやんか。
海老 確かに。これやって、あれやって、あのタレントで、この時間帯、
こういう演出、はい、15%の番組ができました、と
皿に料理並べるようにできてしまう部分がある…なぁ。
高須 そんなことでええんかなぁ、と思ったりせぇへん?
ただただ、要求に応じるだけの器用さでさぁ。。。
海老 …だけど、それをやっていかなくちゃ、とも思いますよ。
ほら、スピルバーグ監督が『シンドラーのリスト』を撮らせてもらうためには、
『バックトゥザフューチャー』をシリーズで作り続けなくちゃ
ならなかった、みたいなことって(笑)…あるんじゃないかなって。
高須 俺からすれば『バックトゥザフューチャー』も凄いけどね。。。(笑)
嗚呼、難しいなぁ。。。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved