TOPページ御影湯 > 倉本美津留
 九回目ゲスト 倉本美津留さん(MITSURU KURAMOTO)
名前 倉本美津留 さん
1959年生まれ。放送作家・シンガーソングライター。
ビートルズの影響を強く受けていた倉本は、 82年ミュージシャンになる足がかりにと 制作会社のADとなるがすぐに構成作家に転身。 以来、「すとらびん式」「EXテレビ大阪」「BLT」 「TV広辞苑」「現代用語の基礎体力」「ムイミダス」 「未確認飛行ぶっとい」「ラジウム音線」など、 現在もカルトとして語り継がれる番組を次々生み出す。 そののち、その才を全国ネットに問うべく東京に進出。 「HEY!HEY!HEY!MUSICCHAMP」「ダウンタウンDX」 「松本紳助」などダウンタウン出演番組の多くや 「たけしの万物創世紀」「嗚呼!バラ色の珍生」 「伊東家の食卓」「笑う犬の冒険」 「平成日本のよふけ」などの番組を構成。 また、「松本人志の一人ごっつ」では松本の師匠の大仏の声として 出演していたり、「ダウンタウンDX」の“名前を呼んで”の コーナーで、あらゆる無機物の声を担当していたり、 現在ではトスポくんの中身を演じたりしている。
またサイケデリックバンド「リビドー」を率いて、 坂本龍一作曲の『オフィーリア』で日本クラウンからデビュ一。 彼らが坂本龍一に会うためにニューヨークヘ渡るドキュメントが 「NONFIX」(フジテレビ)で放送された。 タイトルは「世界の坂本龍一を呼びつけた男」。 その後ソロとして『しやわせ』(「一人ごっつ」エンディングテーマ) をキューンレコードからリリース。 また、著書として朝日出版から 楽しい辞書『どらごん〜道楽言〜』がある。
オフィシャルHP http://www.ninpop.com/
証をのこす
倉本 やっぱり、自分が生きてきた証って言うのをどれだけ遺していけるのか、
とは思うやんか。
高須 それは本当にそうですね。
倉本 それが心に在り続ける限りは、音楽とか…とにかく「放送作家」という
領域では何にも一生懸命にやることはでけへんような気がする。
もしやるとすれば、それはもういっそのこと、東京都知事になって
行政変えにかかった青島幸男さんぐらいになってしまわんとな。
高須 そうですね、あそこまでいってしまったら、それはそれで
確実に「遺せて」ますもんね、放送作家としての職業の果 てに。
倉本 とにかく、俺は今はレーベルで何かやりたい、遺したいよ。
高須 それはプロデュースとかもやるんですか?
倉本 うーん、どうなっていくかはまだ明確じゃないねんけど、
とにかく自分の音楽含めて、自分が出会ってきたモノたちの中で
「これはいいっ!」と思ったモノ、世に出さなくてはと思ったモノが
もし埋もれてたりするんであれば、それを掘り出して、見せていくってことかなぁ。
とにかく心が震えた事柄に関しては、絶対にのこすって事やわ。
なんていうか…新ジャンルを創りたいよ。
高須 新ジャンルというと?
倉本 例えば「映画」やったら、誰かがそれをはじめたから
「映画」というジャンルが確立していったわけやんか。
そういうのをはじめる人間にならなあかんのんと違うかなぁって、思うのよ。
「放送作家」やってそうやんか、何となく「そんな人間居った方が ええなぁ」
言うてはじまった職業やと思うねん。
今はまだそこに依存してるというか、その職業に「なってる」だけやから、
やっぱりそうではなく、新しい何かになってしまわんとあかんなぁ、と。
高須 ふんふん、なるほど。
倉本 音楽は、そういう意味でまだ新しいと思うからさ。
だって世界規模で考えたら、日本人で、日本語で、
歌でトップになったヤツってのはまだ居れへんわけやから。
今までは不思議なことに「坂本」姓の二人がやらかしてるだけやねん。
高須 でもそれがやれんのって、「坂本」って性の人かもしれないですねぇ。
倉本 さぁ〜それやがな。 俺の名前「倉本」やけど、
実は俺の親父の名字は「坂本」やねん。
養子で、名前がかわったけど、そのままやったら、「坂本」やねん。
高須 おぉ〜〜〜〜っ、それは凄いですねぇ。
倉本 だから、ひょっとしたら俺が真っ先に一番になる可能性も残されてるわけや。
ひょっとして、ここがあるから残ってたんかもしれへんやん。
高須 そうですね。
倉本 だから、今、音楽やってる。
そして、誰かがもうやり遂げてしまってたら、俺はこんな事やってへんと思うわ。
高須 なるほどねぇ。
倉本 もし、奥田民生が世界を獲ったら、俺はその時点で辞めると思う。
高須 マジですか? 志(こころざし)、高っ!
それって、やってもしょうがないから?
倉本 そう。今は、まだ空いてるから、やる。
なんか、ごっつい偉そうな話になってしまうけど、
俺は松本人志に出会った時に、もう笑いはやめよう、と思ったからね。
学生時代からコントとか自分で書いて、創って、相方とかと組んで
いろいろやってた時、俺は「俺よりおもしろいコント書くヤツは おれへん!」
と思ってやってたから。
でも、松本に出会って松本のコントを見た時に
「あー…もうやらんでええわ」と思たんよ。
だから、松本と出会ってさえいなければ俺は今でも必死で
コントを書いてたと思うんよなぁ、変な話。
高須 僕は今でもコント書きたいと思いますよ〜。
やっぱりそれはしんどい作業ですけど、創ってしまったら
それはもう「自分のもの」じゃないですか、表現として。
倉本 アイツがあんだけおもろいもん創ってしまうのに、
他に何をしたらいいの、というのが、俺はどうしても勝ってしまうねんなぁ。
俺が掘るところと、アイツの掘るところが似てるっていうのもあって、
更には俺が掘れるところをアイツがもう軽々と掘ってしまってる、
てのも あんねんけどさ。
三木聡はコントを書き続けてるけど、やっぱり三木の掘りどころは
また松本と違うところを行くからね。
だから、誰かがやってしまってたら俺はもう、そこには行きたくないわけ。
高須 なるほど〜。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved