TOPページ御影湯 > 倉本美津留
 九回目ゲスト 倉本美津留さん(MITSURU KURAMOTO)
名前 倉本美津留 さん
1959年生まれ。放送作家・シンガーソングライター。
ビートルズの影響を強く受けていた倉本は、 82年ミュージシャンになる足がかりにと 制作会社のADとなるがすぐに構成作家に転身。 以来、「すとらびん式」「EXテレビ大阪」「BLT」 「TV広辞苑」「現代用語の基礎体力」「ムイミダス」 「未確認飛行ぶっとい」「ラジウム音線」など、 現在もカルトとして語り継がれる番組を次々生み出す。 そののち、その才を全国ネットに問うべく東京に進出。 「HEY!HEY!HEY!MUSICCHAMP」「ダウンタウンDX」 「松本紳助」などダウンタウン出演番組の多くや 「たけしの万物創世紀」「嗚呼!バラ色の珍生」 「伊東家の食卓」「笑う犬の冒険」 「平成日本のよふけ」などの番組を構成。 また、「松本人志の一人ごっつ」では松本の師匠の大仏の声として 出演していたり、「ダウンタウンDX」の“名前を呼んで”の コーナーで、あらゆる無機物の声を担当していたり、 現在ではトスポくんの中身を演じたりしている。
またサイケデリックバンド「リビドー」を率いて、 坂本龍一作曲の『オフィーリア』で日本クラウンからデビュ一。 彼らが坂本龍一に会うためにニューヨークヘ渡るドキュメントが 「NONFIX」(フジテレビ)で放送された。 タイトルは「世界の坂本龍一を呼びつけた男」。 その後ソロとして『しやわせ』(「一人ごっつ」エンディングテーマ) をキューンレコードからリリース。 また、著書として朝日出版から 楽しい辞書『どらごん〜道楽言〜』がある。
オフィシャルHP http://www.ninpop.com/
なんでもいいから、はよやりたいことをやれ
倉本 高須、とにかくお前は映画撮らなあかんで、やっぱり。
高須 だからようやく動き出してるんですよ、自分の中で、
そして周りでもいろいろと。
もうやれるかな、やってもいいかなって。
どうしてもね、僕は自分で撮りたいと思うんですよ。
TBSの『未来日記』って企画から派生して映画になったんですけど、
やっぱりそれは自分の企画ではあるけど、「自分の映画」ではないわけですよ、
それはもうどうしたってそうなっちゃうんですよね。
だから、企画立案もちろん、脚本、そして監督にまで達したい、
やってみたいっていうのがずっとずっと消えないんです。
だから、やるしかないんやな、と思います。自分の思いに従って。
倉本 ええことやんか。やりたいことを、やる。それが一番やもん。
高須 言うても、倉本さんだって動き出してるんでしょう?
自分のやりたいこと、音楽に向かって。
倉本 そうやね…
遂にというか、何というか自分でレーベルを 立ち上げんのよ。
そして、そこの第一弾としてフルアルバムをつくって、出す。
高須 それはいつになるんですか、発売は。
倉本 2月の11日やね、今のところ予定やけど。
高須 すごいじゃないですか。
倉本 やっぱり自分の信じた「イイモノ」っていうのがあるから、
それを世に出していかんとな…ずっとずっと鬱積するばかりじゃ
絶対あかんし、何にもできてないってことになるし。
今はだから、そっちのことで頭一杯になってる。
高須 イベントもやるんでしょう?
倉本 そう。2月17日、18日、東京新大久保の「グローヴ座」で
「ニンポップ」ていうイベントをやる。
高須 いいですね、そういうの。
テレビの世界だけじゃなくて、他の表現に目を向け続けるっていうの、
絶対大切だと思いますもん。いいなあ、そういうのって。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved