TOPページ御影湯 > 倉本美津留
 九回目ゲスト 倉本美津留さん(MITSURU KURAMOTO)
名前 倉本美津留 さん
1959年生まれ。放送作家・シンガーソングライター。
ビートルズの影響を強く受けていた倉本は、 82年ミュージシャンになる足がかりにと 制作会社のADとなるがすぐに構成作家に転身。 以来、「すとらびん式」「EXテレビ大阪」「BLT」 「TV広辞苑」「現代用語の基礎体力」「ムイミダス」 「未確認飛行ぶっとい」「ラジウム音線」など、 現在もカルトとして語り継がれる番組を次々生み出す。 そののち、その才を全国ネットに問うべく東京に進出。 「HEY!HEY!HEY!MUSICCHAMP」「ダウンタウンDX」 「松本紳助」などダウンタウン出演番組の多くや 「たけしの万物創世紀」「嗚呼!バラ色の珍生」 「伊東家の食卓」「笑う犬の冒険」 「平成日本のよふけ」などの番組を構成。 また、「松本人志の一人ごっつ」では松本の師匠の大仏の声として 出演していたり、「ダウンタウンDX」の“名前を呼んで”の コーナーで、あらゆる無機物の声を担当していたり、 現在ではトスポくんの中身を演じたりしている。
またサイケデリックバンド「リビドー」を率いて、 坂本龍一作曲の『オフィーリア』で日本クラウンからデビュ一。 彼らが坂本龍一に会うためにニューヨークヘ渡るドキュメントが 「NONFIX」(フジテレビ)で放送された。 タイトルは「世界の坂本龍一を呼びつけた男」。 その後ソロとして『しやわせ』(「一人ごっつ」エンディングテーマ) をキューンレコードからリリース。 また、著書として朝日出版から 楽しい辞書『どらごん〜道楽言〜』がある。
オフィシャルHP http://www.ninpop.com/
不思議作家さん
高須 僕は作家でしょ。で、倉本さんも作家でしょ。
この仕事で飯食ってるわけじゃないですか。
倉本 思いっきり食うてるよなぁ、特にお前は。
高須 いや、言うても倉本さんも「放送作家」で飯を食って、
やってるわけじゃないですか。で、作家って言う職業に
限定しただけでも、それはもういろんな考えを持ってる人間が
たくさん居てるわけですよ。そういう全然違う人間同士で
ひとつのものを創ってたりするわけじゃないですか。
倉本 いや、だから、そこは分かったから、なんでこの対談やってるのかってを
もう一回説明してって(笑)。
高須 …あのー倉本さん全然喋る気ないでしょ(笑)。
倉本 いや、だから何でかな思て?
高須 結局、僕が凄くこだわってて、興味があるんですよ。
倉本 作家という職業に?
高須 いやいや、作家という「人種」に。
倉本 えーっ、ジブンが作家やねんから、もうええんちゃうん?
高須 でもね、理由はともあれ、テレビを作ろうと思った
人間のあつまりじゃないですか、放送作家って。
そんな人間というか、そんな人種って
一体どんなこと考えて生きてるのか、すごく興味ありません?
だってね、結局はその「十五、六人」で、
今のテレビを作ってしまってる実状があるじゃないですか。
倉本 で、「作家・高須」は他の作家のことが知りたいと。
うーん…"不思議作家さん"やなぁ。
高須 そうですかね(笑)。
倉本 しかし、喋りあう職業をどうして「放送作家」で限定してしまってんのよ。
高須 だって、おもしろくないじゃないですか、限定せぇへんかったら。
異種業同士になってしまったら、結局お互いの職業のご紹介、みたいな
ところで話が終わってしまうでしょ?
だけど、作家同士であれば同じスタートラインから楽に話が
できるんじゃないかなぁ、と思うんです。
倉本 そら、まあ確かに…。
せやけど、同じところで喋るってのも どうやねん、それは。
なんか、お前、それはやらしいというか、お手軽な…。
高須 いやいや、倉本さん、いつになったら内容を語ってくれるんですか(笑)。
も〜ええかげん喋りましょうよ。
倉本 (笑)
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved