TOPページ御影湯 > 都築浩
 七回目ゲスト 都築浩さん(HIROSHI TSUZUKI)
名前 都築浩 さん
1967年2月3日 大阪に生まれる。
早稲田大学理工学部除籍後、 20歳の時に『天才たけしの元気が出るテレビ!』で 放送作家デビュー。
現在の担当番組 『進ぬ!電波少年』『学校へ行こう!』 『ガチンコ!』『ASAYAN』 『ここがヘンだよ日本人』『つんくちゃん』 『ウリナリ!』『世界まる見え!テレビ特捜部』 『特命リサーチ200X!』『ガキバラ!』 『1億人の大質問!笑ってコラえて!』 『ヤミツキ』等。
高須さんとは『いきなり!黄金伝説。』で御一緒。
『つんくタウン』では鈴木おさむと共に構成 及びなぜか出演も担当。
現在、新潟が生んだ2人の巨人・田中角栄と ジャイアント馬場との知られざる関係を 1冊の本にまとめるべく、週の半分は新潟で取材に奔走。
いけてる俺、いけてない俺
高須 仕事してたら、ビックリするぐらいネタがポンポン出てくる時と、
ビックリするぐらいネタが全く出てこない時とあるやんか。
そういう風に脳が全く動かないときって、どうしてる?
都築 うーん……。
まず、ネタが良く出てくる時っていうのは、
ものすごく忙しい時ですよね。
高須 うんうん。
都築 ものすごく忙しくて、どっちかって言うと脳が 疲労してる時の方が、
僕はネタが良く出てきます。 で、意外と二日間ぐらい休んで、
さあ〜、もうリフレッシュしたしっ、て時に限って、
二時間ぐらい一つも浮かばずに、じ〜っとなっちゃったりとかして(笑)。
逆にだから、ここぞという時には頭を疲れさせるように
持っていったりとかしますけどね。
高須 なるほどなぁ〜。
都築 あと、自分の感覚だけの話になっちゃいますけど、
テリー伊藤さんは、その、企画のタイトルやフレーズだけが
おもしろいとかをすごく嫌うんですよ。
まさしくテレビという文化の代名詞みたいな人じゃないですか。
そんな中で育ってきたからか、自然と線引きが出来るようになって、
ちゃんとテレビになる企画を常に考えようとする癖は ついてますよね。
ネタが出てこないからって、 安易に数だけとか上辺だけで、
番組にならないモノを 考えて、満足しないようにっていうか。
エッセイ見せられて俺はどうしたらいいんだよ、みたいな企画が、
一番伊藤さんに嫌われる企画のパターンで(笑)。
けれど、それって若い作家が一番陥りやすい部分じゃないですか。
高須 そうやなぁ。そういうのしか持ってこなかったりするからね。
タイトルも大分練ってあるけど、で、どうやって番組にすんねん、
っていうの多いからなぁ(笑)。
この仕事を何年もしてると、紙の上だけのネタが、
テレビで実際にできるネタか、すぐ分かるよね。
都築 うんうん。
だから、それがいいことかどうかは判断できないんですけど、
なるべく逃げないようにっていうか、しっかり考えようとは
努力しているつもりですよ、ネタに詰まっても。
高須 いや、それは大事なことやと思う。うん。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved