TOPページ御影湯 > 中野俊成
 一回目ゲスト 中野俊成さん(TOSHINARI NAKANO)
名前 中野俊成 さん
1965年5月23日生。 富山県出身。
放送作家として第一線で活躍中。
過去に携わった主な番組として、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』 『進め!電波少年』『愛の貧乏脱出大作戦』『炎のチャレンジャー』『ウリナリ』 『ナイナイナ』『気分は上々』等がある。現在は、『大改造!劇的ビフォーアフター』 『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』『ロンドンハーツ』『内村プロデュース』 『爆笑問題のバク天!』『アメトーク』『恋するハニカミ』『サルヂエ』等、 十数本の番組を抱える。
また、『大改造!劇的ビフォーアフター』(2003年)
『全国一斉IQテスト〜テスト・ザ・ネイション』(2004年)において、
2年連続ATP賞情報バラエティ部門最優秀賞を受賞。
さらに、劇団ハラホロシャングリラを主宰、全公演の作・演出を手掛ける。
オフィシャルHP http://nakanotoshinari.cocolog-nifty.com/
高須 さて。 作家として自分が長けてる部分って何だと思う?
いろんなタイプの作家さんがいてるけど、自分にはコレがある!!というのはどんな部分?
中野 んー…・。
それがね、いや、謙遜でも何でもなくて、全く無いんだと思うんですよ、 僕には。
突出した才能なんて何にもなくて…。
高須 そんなことは無いやろーっ、絶対何かがあるからこその今なのであって。
中野 うーん。んー。んー…。
強いて言えば、そう、えー、順応力、じゃないでしょうか。
高須 順応力…ね。なるほど。
中野 対応するチカラ、というか。
うーん。 いや、でも結局僕はとても平均的なんだと思うんです。
どこがどう突出 してるということではないように思うんですよね。
高須 あ、じゃあ質問変えるよ。 「放送作家に必要な能力って何やろ??」
中野 …きちんと人とコミュニケーションを取れる能力、というのは 絶対に必要だなって。
高須 はいはい。。。
中野 うちの会社に新人が入ってくる時も、それを見てますね。
いくらおもしろいことが考えられても、コミュニケーション取れなかったら
結局伝えられないじゃないですか。
伝えることが出来たとしても、 変な違和感が生まれるじゃないですか、集団に。
それっていうのは… 良くないんじゃないかなぁ、とか思ったりしますからー…。
高須 それはそうやな、確かに。 コミュニケーション力って大事やね。
他にはどう?? どんなことが作家を作り上げるんやろうか?
中野 むー…難しくなってきましたね〜。
え、高須さんはそこ、どんなことを思います??
高須 俺は情報力って必要やと思ってるよ。
明らかな情報量が頭の中に入っていて、
これはこうだからこうだ、と 人を説得できるチカラ、というかね。
中野 その情報力をかみ砕く分析力も必要ですよね。
高須 あー、そうやねー、それはそうやねー。
中野 「情報力」「分析力」「コミュニケーション力」。 それに「順応力」。
大変ですよ、これ。
高須 でもねー、どれも必要やと思うわ。うまく泳いでいこうと思ったら。
中野 確かに。
----- 居るだけならまだしも、泳ごうと思ったら。。。
高須 うん、そういうことやと思う。
あ、自分らがそれをしっかりと出来てるかどうかは、全然別 問題やで?(笑)
そんな偉くないよ、やっぱり。
 
中野 僕ね、高須さんは「場を作る能力」に長けてると思うんですよ。
----- あー、それ賛成です。
何て言うか、共感を呼ぶチカラみたいなのが すごく発達してはって、
上手だなぁと私も思いますよ。
中野 そうそう、また順応力とは少し違うニュアンスなんですけどね。
高須 えー、そんなん、そうかなぁ…。
中野 何て言うんでしょう。 場を乱すことなく、
自分の意見をしっかりと会議とかでプレゼンする能力って いうか。
意見を押し通す時って絶対波は立つわけじゃないですか、多かれ少なかれ。
高須 うんうん。
中野 でも、高須さんはそれが無い。
高須 そうかなぁ? それは(波は)立ってるでしょ。
中野 いやー、でも、僕の周りでは一番うまーく、会議を運んでますよ。
高須 それって、何力(なにりょく)って呼べばええんやろ??
中野 んー、ネーミングとしては、何でしょう。
高須 あのねー、中野君がすごいのはねー「タイトル力」やねん。(笑)
----- えっ、何ですか、それ(笑)。
中野 わーっ、やーめーてくださいよーっ。
高須 いやいや、田代、これが中野くんのすごいところなのよ、ネーミング。 コ
ーナーとか、番組タイトルとかは中野くんがほとんど決めていると
言っても過言ではないねっ。 放送作家界のコピーライター、タイトル王。
----- タイトル王!!(笑) えっ、具体例は??
高須 ぎょーさんあるよ。『いきなり!!黄金伝説』とかもそうやしー。
例えば会議をしてるでしょ。コーナーのだいたいの流れが決まって、
さあ、 このコーナーのタイトルどうしようか、となるでしょ。
そしたら 「よっ、タイトル王!!」 言うて、みんなが中野くんを見つめるわけ(笑)。
----- (笑)。
中野 最近では、テレ朝の特番の、ナイナイの 『新番組をやらせろスペシャル』もそうでした。
高須 そのまんまやないか、という。
中野 ええ、ちょっと自虐的な雰囲気を込めまして…(笑)。
高須 なるほど、あー、なるほど。そういうニュアンスがこもってるわけね(笑)。
中野 前なんか、担当してないのに電話かかってきて、
「今ねー、こういうコーナーで煮詰まってるんだけど、何か良いタイトル 無いかなぁー?」
って。突然そんなこと言われても〜、とか言いながら、
「えー、じゃあ【ヘアカタログを独り占めする男】ってのは?」 って言うと
「あ、いいね。それで行くよ」とかって(爆)。
高須 (笑)。いやー、いろんなところで「タイトル王」と化してるやろ??
中野 何かもう最近、それが当たり前みたいになってきて、
ちょっと面倒臭い時ありますもん(核爆)。
高須 いや、そういうタイトルって大事やわ。絶対大事。
タイトルで、企画や番組の内容が、すうっと理解できるっていうのは
すごく必要で大切なことやって。
中野 でも、それは放送作家の領域じゃないんじゃないかと、
やってる自分と しては思っちゃったりするんですけど。。。
高須 そんなことないよー、表現力の一つとしてすごく羨ましいよ。
俺はそんなん無いから、全然思い浮かばへんから、
いっつも 「悔しいなぁ、悔しいなぁ」と横目で見るばかりよ、これ(笑)。
----- あ、お二人のその絵面おもしろい〜。
高須 おもしろいことないよーっ、俺は悔しいっちゅーねん!!(爆)
…やー、しかし、タイトルだけで今までやってきたことが綺麗にリニューアルされて、
刷新されて、同じなんだけれども違う、という 色合いになったりすることってあるやんか。
その色味の変え方が 素晴らしいと思うねん。それって中野くんの才能やと思うよ。
中野 いやいや…そんなことないですって。いやいや(*^-^*)。
 
高須 あと、中野くんはいつもおいしいねん。 愛されてるねん。
中野 ななな、何を言い出すんですか!?(爆)
高須 いや、愛されてる。それがいい。いいねぇ、いいなぁと思う。
中野 高須さんの方が愛されてますよ。
いや、俺ね、いや、あの、聞いてくださいよ、タシロさんっ。
----- はいっ、聴きますよっ、何ですかっ??
中野 高須さんが居るとね、とてもとても仕事がしやすいんですよ。
会議がするするっと運ぶんですよ。話がしやすいんです。
今さっき 高須さんが言った「愛されてる」とか「おいしい」っていうのも、
それは 高須さんがそういうフィールドを作ってくれて、
そこに乗っかった上でのことなんですよ。
----- うんうん。
中野 だからね、俺は自分の関わる番組には、
全部高須さんに入ってもらいたい ぐらいなんですよ、一緒に。
高須 うわー、嬉しいこと言うてくれるなぁ〜。
中野 会議でばばばばっ、と言葉を放つタイプでは無いじゃないですか、僕は。
どっちかっていうと、黙ってぎゅーっと考えてっていう。。。
高須 はいはいはい…。
中野 だからー、高須さんが会議で明確に流れを作ってくれるっていうのが
すごくそこに居やすい状況で、ありがたかったりするんですよ。
高須 そう…そうかなぁ。
中野 いいバランスだと、俺は勝手に思わせていただいてたりしますよ。
高須 いやいや、それはこちらこそ、やわ、うん。
 
〜おまけ〜
高須 うーん、いっぱい喋ったなぁ〜。
----- 一時間近く喋りましたよー。いっぱい書けそうです。
ありがとうございます。
中野 だったらいいんですけど、なんか全然、
的を射た話ができなかったような 気がしてたんですけど、大丈夫ですか??
----- 大丈夫です、楽しいのが一番です。ええ。
高須 田代、中野くん初めて見て、どう??
----- はいっ??
高須 …男前やろ??
----- そうですね、男前ですね。
高須 遠慮なく言い切ったなぁ〜っ(笑)。
----- いや、だってっ!!
高須 彼はね、もてるのよ。
中野 何を言い出すんですかーっ、もーっ(苦笑)。
----- ええ、それはもう、もてはるでしょうね。必ず。
高須 えっ、何?? そういうのが分かるの?! もてる理由が分かるの?!
----- 全っっ然、分かりますよ。それは、明らかに。
高須 おいおいおいおい、洒落にならんぞーっ、そーれーはーっ(泣)。
まーじーかーよーっ!! えっ、俺は?? 俺はっ??(焦)
----- や、第一印象だけなら、確実にこちら(中野さん)かと…。
高須 えええええええーーーーっ。
----- あのー、自分がどうか、ということではなくてですよ。
例えば、合コンとかで絶対に第一印象のトップをかっさらうタイプだなーって。
高須 そう!! まさしくその通りっ!!
何でなんやろ。俺と中野くん、何が違うの?? ぱっと見で。
中野 あー、それは今後の参考に(笑)、聴いておきたいですよね、是非。
----- んーとですね。。。 高須さんはー、楽しそうな感じがする。柔らかくて。
高須 うんうん。
中野 なるほど。
----- 一方〜、中野さんはー、賢そうで、ハードなムード。。。
高須 おい!!(笑)
  御影湯 中野俊成の湯 おしまい
「中野さん、お忙しい中、たくさんのお話をありがとうございました!!」
 
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved