TOPページ御影歌 > 合田隆信
 三回目ゲスト 合田隆信さん(TAKANOBU GODA)
名前 合田隆信 さん
 3.『学校へ行こう』『ガチンコ!』始まる
高須 ゴウちゃんが、初めて大きい勝負になったっていうのは、
いつ頃の、何の番組?
合田 TBS入って8年目、『学校へ行こう!』ですね。
ゴールデンのレギュラーでは、この番組が初の総合演出でした。
高須 その時って、アイドルでバラエティをつくるって事に対しては、
どんな気持ちやったん?
芸人中心のバラエティー番組が多かった中で、不安とかなかった?
合田 いや、そんなに不安はなかったですね。
逆に言えばやりがいがあるな、と思いました。
自分も若い、タレントも若い。
どちらが主導権を握るということでなくやっていけそうかな、と。
当時のV6はまだまだデビューしたばっかりみたいな感じでしたから、
それほど器用ではなかったですけど、その前に僕はTOKIOと
深夜番組『TOKIO HEADS』で一緒に組んでやってましたから、
そのノウハウ活かして、やれることはあるだろうと。
もちろん僕らも素人みたいなもんでしたけどね(笑)。
僕は芸人さんのレベルと、アイドルのレベルって言うのは、
永遠に埋まらないだろうと思ってるんです。
だって、完全に別物じゃないですか。
同じレベルで何かをしなくちゃいけないって事もないし、
笑いの要素が足りないっていうんであれば、
それは作家が足していけるわけですから。
そのために、作家の先生達が必要なんですからね(笑)。
だから、特にアイドルメインのバラエティって事で
不利だとかそんなことは思いませんでした。
まぁ、始まった当初はV6の彼らもかなり無名でしたからね、
その分をどうしようかなぁ、と思ったことはありましたけど。
高須 あの番組にみのさんを入れようって言うのは、誰が言いだしたことなの?
合田 それは渡辺香さんですね(笑)。
僕は、当初全然そんなことは考えてもいなかったんですけど。
高須 でも、あの番組はみのさんが入ってることがポイントやなぁって、
始まった当初「なるほどね」と思ったのよ、俺。
いくらVTR番組といえども、スタジオのみのさん数十秒が
ちゃんと生きてる。
その数十秒のために、何千万もかかるスタジオを開くんだから
燃費でいうと、めちゃめちゃ効率悪いけど、必要だと思ったな。
すくなくてもスタート時点では。
合田 正直驚いたスタッフも多かったんですわ。(笑)
でも、今となっては大英断ですけどね。
僕は当時、V6だけでやりたかったんです。
VTRメインでやるって決めてましたしね。
スタジオでのMCがそんなに必要とは思ってませんでしたから。
どっちにしても、今でこそ成功してますけど、
始まった当初は『学校へ行こう!』がヒットするなんて、
誰も予想してなかったと思いますね。
僕自身もそんなに当たるとは思ってなかったんで(笑)。
だって最初の半年から一年間は視聴率、ホントに苦しかったんですから。
高須 そうやったっけ?
合田 うん、全然でしたよ。15%超えたのは、始まって一年ちょっと
経ってからでしたもん。それまではずーっと、12〜13%を
うろうろしてましたから。
で、今の枠に移動してから数字がガーッと上がったんですよ。
その頃は周りからずっと「『学校』はおもしろいよ」という
意見を耳にしてました。
だけど、意見ばかりでおもしろいって認められても、
今のTBSでよその局に「やったるわーっ!」ってのを見せようと思ったら、
視聴率を20%とか目立つぐらい取らないとダメだったんですよ。
まずは視聴率で勝たないことには。
高須 どこにも何も言う権利がないもんね。
合田 この世界、内容の充実っぷりなんて、ほんとに曖昧なもんじゃないですか。
それよりも、数字、視聴率を取るしか、確実に認められる術はない。
とにかく『学校』を15%番組にして、ヒット番組といわれるようにしよう、と
頑張りましたね。きつかったですけど。
「おもしろいね」って言ってくれる人が沢山いたけど、
そんなことはどうでもよくて、世間の人達に見てもらうことにしか
興味なかったですわ。
高須 そこまで徹底してると、普通なら否定したくなるコメントも
ある意味、納得するなぁ。
合ちゃんが言うから、ってのも大きいけどね。
 
合田 枠移動してから一年半後、『ガチンコ!』が始まることになって、
僕は『学校』を後輩の江藤っていうディレクターに任せて、
『ガチンコ』にかかりっきりになったんです。
高須 俺は、それの真裏やってたわ、テレ朝で。(笑)
合田 あ、そっか。『人気者でいこう』ですね。
高須 『ガチンコ』がとにかくオバケみたいな数字取ってた時期が
あったやんかー。あれはもう、ほんまに腹立った。
何でこんな番組が裏やねん!と。
合田 そうですか(笑)。
でも、『ガチンコ』も最初の三ヶ月、かなり迷ってましたからね。
企画とかテイストが、うまく見えてこなかったですし。
でも、二ヶ月半ぐらいしたころから
「あ、こういう感じが受けるな?」と分かってはきたんですよ。
その頃、フジテレビの裏は『古畑任三郎』だったんですけど、
それが終わった途端、急に数字が上がったんです。
高須 それまでは『人気者でいこう』も「格付け」で
そこそこ数字をとってたんだけどね、
あの頃の『ガチンコ』には、ぜんぜんかなえへんかったなぁ。
武内絵美
久保田智子
杉崎美香
中野俊成
そーたに
おちまさと
鈴木おさむ
鮫肌文殊
村上卓史
都築浩
三木聡
倉本美津留
かわら長介
海老克哉
小山薫堂
大岩賞介
佐々木勝俊
堀江利幸
町山広美
高橋ナツコ
松井洋介
宮藤官九郎
樋口卓治
渡辺真也
田中直人
山名宏和
杉本達
片岡飛鳥
合田隆信
小松純也
加地倫三
タカハタ秀太
土屋敏男
高須光聖
copyright (c) 1999-2005 MIKAGEYA All Rights Reserved